つらい花粉症はアレグラで治療!花粉アレルギーを引き起こすメカニズム

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因です。花粉が体内に入ることで起こるアレルギー症状でくしゃみ・鼻水などを引き起こします。花粉症の症状をおさえる治療薬として使われるのがアレグラです。ここでは花粉症がおこるメカニズムやアレグラの服用方法などを紹介します。

*

花粉アレルギーはアレグラでおさえる

つらい花粉症をアレグラで治療する

花粉症は、花粉を吸引することによって発生するアレルギー症状のことです。代表的な花粉としてはスギやヒノキですが、それ以外の花粉でも発症することがあります。花粉症のメカニズムは、花粉が目や鼻から侵入し、粘膜に付着します。

花粉は異物ですからリンパ球が働き、IgE抗体を作ります。このIgE抗体が肥満細胞にくっつくとヒスタミンなどの化学物質を分泌します。そしてそれらがくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ、充血、涙などのアレルギー反応を引き起こします。

これらの症状は花粉の侵入を防ごうとするもので、重度の花粉症になると生活が困難になります。花粉症を改善する薬としては対症療法やアレルギー反応を抑えるものが中心です。

アレルギー反応を抑えるための基礎知識はヒスタミンの存在で、花粉症に強みがあるアレグラはアレルギー専用鼻炎薬で特に鼻に対する症状に対して効果的です。アレグラに含まれるのはフェキソフェナジン塩酸塩でこれは抗ヒスタミン薬に位置づけられています。

作用のメカニズムはヒスタミンに結合してヒスタミンによる作用を阻害することで鼻炎などの症状を改善することができます。

アレグラを服用する前に花粉症の症状をおさらい

花粉症の3大症状はくしゃみ・鼻みず・鼻づまりなど鼻に関するものです。これらは粘膜に花粉が付着することによって引き起こされるもので鼻は呼吸をするために吸い込みやすく症状が出やすいためです。

また人によっては目に付着すると目のかゆみや充血、涙などが発生します。花粉としてはスギ・ヒノキが代表的で3月から4月にかけてピークを迎えます。それ以外の季節にも飛ばす植物は多くそれらによってアレルギーを起こす場合にも花粉症になります。

ただスギ・ヒノキの花粉の飛散量が桁違いに多いため花粉症といえば、そのほとんどの原因はスギ・ヒノキになります。治療法としては抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が効果的です。

また鼻づまりを解消するために点鼻薬を使う場合や鼻うがいなどで花粉を物理的に洗い流すといったこと方法もあります。鼻の粘膜に付着させない予防が花粉症には重要ですが、入り込んでしまってIgE抗体が作られ肥満細胞と結合してしまうと、少しの花粉でも症状を発症させてしまいます。

このため花粉症を発症してしまった場合にはアレルギー反応が起こってしまった場合にはアレグラなどの抗ヒスタミン薬を使って抑えるのがもっともはやい手段といえます。

花粉症の治療薬アレグラの服用方法

アレグラは花粉症の治療薬としてよく知られています。効果が高く副作用も少ないということで広く使用されていますが、正しい服用方法や服用するタイミングについて確認しておきましょう。

アレグラは1日2錠服用するタイプの薬であり、服用するタイミングは朝と夜です。1日に1回しか飲んでいない場合、用量足りなくて効果を実感できないこともあるので注意しましょう。

花粉症は症状の発症をできるだけ遅らせることが重要です。症状が酷くなってしまうと免疫力も低下していまいますし、花粉症の薬を飲んでもあまり効果が得られないということです。

花粉症の鼻炎はアレルギー反応によるものと言われており、一度症状が出てしまうと僅かな花粉でも敏感に反応してしまうのです。アレグラの効果を高めたい場合は花粉が飛び始める2週間くらい前から飲み始めるようにしましょう。

アレグラが急に効かなくなってしまった場合、花粉症が重症化している可能性が考えられます。その場合はさらに強い薬に変えた方が良いかもしれません。また、市販の胃薬や制酸薬の中にはアレグラの効果を妨げてしまうものがあります。飲み合わせに注意が必要な薬などもあるため、ドクターに相談してみましょう。

花粉症の治療薬アレグラの価格

花粉症を治療するためにアレグラが欲しいけれど、できるだけ安く購入したいと考えている人もいるでしょう。この薬は薬局やドラッグストアなどでも市販されていますし、病院で処方してもらうこともできます。

市販薬の場合は薬剤師のいる薬局やドラッグストアのみで購入できます。アレグラは1回1錠を1日に2回服用することになるため、14錠入の場合は1日あたりの価格は約203円、28錠入の場合は1日あたりの値段は約145円となります。

病院でアレグラを処方してもらうためには診察を受ける必要があります。処方には初診料や診察料などもかかってくるため、単純に薬代だけで比較できるわけではありません。

また、通院の手間もかかってきます。保険適用で3割負担の場合、14日分のアレグラで約2100円となるため、1日あたりの価格は約150円となります。保険が適用されない場合は全額自己負担となり、14日分のアレグラでも7000円程度かかってしまいます。

アレグラを安く購入するために通販サイトを利用するという方法があります。この薬は一般の通販サイトなどでは販売されていませんが、薬を海外から輸入している個人輸入代行サイトを利用すれば入手することができます。

公開日: