つらい花粉症はアレグラで治療!花粉アレルギーを引き起こすメカニズム

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因です。花粉が体内に入ることで起こるアレルギー症状でくしゃみ・鼻水などを引き起こします。花粉症の症状をおさえる治療薬として使われるのがアレグラです。ここでは花粉症がおこるメカニズムやアレグラの服用方法などを紹介します。

*

アレグラは抗ヒスタミン効果で花粉症に効く

   

アレグラはヒスタミンを阻害して症状を抑える

アレグラは花粉症などのアレルギー症状の治療に使われる抗ヒスタミン薬です。有効成分としてフェキソフェナジン塩酸塩が配合されています。アレルギーによって生じる鼻炎をはじめ、蕁麻疹や湿疹、皮膚炎にも効果を発揮するのが特徴です。

アレルギー症状は、ヒスタミンという物質が原因で起こります。アレグラはヒスタミンの働きを阻害することで、症状を和らげる効果があります。

アレグラは第2世代の抗ヒスタミン薬です。第1世代の薬に多かった眠気や集中力、判断力の低下、口の渇きなどの副作用が起きにくくなっています。これは薬の成分が脳へ移行せず、中枢神経への作用がほとんどないためです。軽度の副作用として、頭痛や腹痛、めまい、吐き気などが起こります。

アレグラの服用回数は1日2回です。個人差がありますが、服用からおよそ1時間で効果があらわれます。また、錠剤の他にも、水なしで飲めるOD錠、錠剤よりも飲みやすい粉薬など、豊富な種類があります。

副作用が弱いのがアレグラのメリット

抗アレルギー薬は様々な種類が存在します。その中でも花粉症治療に用いられるのが、アレグラのような抗ヒスタミン効果をもつタイプの薬です。アレルギー性鼻炎の症状を軽減するものをはじめ。ダニやハウスダストなどが原因で、通年起こる症状にも有効です。

効果が高いだけでなく、既存の薬よりも眠気の副作用が弱いため、一般的な花粉症の薬に使われています。

アレグラは他の薬に比べて効き目がマイルドですが、副作用が軽いというメリットがあります。そのため、軽度の花粉症を治療したい人や、抗アレルギー薬をはじめて使う人におすすめです。また、車の運転や機械操作といった、集中力が必要な作業をする人にも向いています。

アレグラは、自覚症状が出た時点で服用するより、花粉が飛散するおよそ1週間前から飲みはじめたほうが、高い効果を得られます。症状が出る前から使うことで、アレルギーを引き起こすヒスタミンが、体内に放出されるのを防止できるのです。