つらい花粉症はアレグラで治療!花粉アレルギーを引き起こすメカニズム

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因です。花粉が体内に入ることで起こるアレルギー症状でくしゃみ・鼻水などを引き起こします。花粉症の症状をおさえる治療薬として使われるのがアレグラです。ここでは花粉症がおこるメカニズムやアレグラの服用方法などを紹介します。

*

アレグラは同じ効果で安価なジェネリックがおすすめ

   

ジェネリックなら半額で買える

アレグラのジェネリック医薬品は、商品名に「フェキソフェナジン塩酸塩」とつきます。現在およそ20社が製造しています。

ジェネリック医薬品は、先発薬と比べて、本当に効き目があるのか心配する人もいるかもしれません。しかし、その作用はほとんど変わりません。副作用も同様です。フェキソフェナジン塩酸塩は、アレグラと同じく、眠気の副作用も弱いので安心して飲めます。

また、先発薬より安いのがフェキソフェナジン塩酸塩のメリットです。アレグラが1錠72円なのに対して、フェキソフェナジン塩酸塩は1錠35円前後と、およそ半額で購入できます。

アレグラは花粉症の治療に使われることが多いですが、蕁麻疹や湿疹、アトピー性皮膚炎に伴うかゆみにも効果が認められています。これらのかゆみは、ヒスタミンが発生したために起こります。アレグラは抗ヒスタミン効果があるため、このような症状にも有効なのです。

アレグラは個人輸入でより安く購入できる

花粉症の薬は、発症する前から服用することで、症状を緩和できます。発症後に服用しても、薬の効果が十分に発揮されません。そのため、アレルゲンが飛散する2週間前から薬を飲む必要があります。

アレグラを家に常備しておけば、いつでも使えて安心です。アレグラは、病院で受診したのち処方してもらえます。しかし、薬代だけでなく診察費もかかるうえ、花粉症の季節は患者が大勢いるため、受診に時間がかかります。

アレグラは市販薬も販売されていますが、より安く購入したい人は、個人輸入を検討してみると良いでしょう。

先発薬より安価なジェネリック医薬品ですが、個人輸入でまとめ買いするとさらに費用を抑えられます。多めに常備しておけば、いざというときに薬がなくなって花粉症に悩まされる、ということもなくなるでしょう。