つらい花粉症はアレグラで治療!花粉アレルギーを引き起こすメカニズム

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因です。花粉が体内に入ることで起こるアレルギー症状でくしゃみ・鼻水などを引き起こします。花粉症の症状をおさえる治療薬として使われるのがアレグラです。ここでは花粉症がおこるメカニズムやアレグラの服用方法などを紹介します。

*

辛い花粉症にはアレグラが効く

   

アレグラの効果と副作用

季節の変わり目や春先に、花粉症に悩まされる人も多いでしょう。アレルギー性鼻炎の辛い症状を改善してくれる薬がいくつかあります。その中でも、アレグラは一般的に売られている薬のため名前を知っている人も多いでしょう。

アレグラは、花粉やダニ、ハウスダストによるアレルギーに対して効果を発揮します。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を改善する作用があります。

気をつけなければいけないのが副作用です。軽度のものでは、頭痛や眠気、めまい、倦怠感といった症状が出ます。吐き気や胃腸炎などの消化器症状が出ることもあります。また、喘息を持っている人は症状が増悪する可能性があるので注意しましょう。

アナフィラキシーショックや肝機能障害、黄疸といった重篤な症状も報告されています。無顆粒球症や白血球、好中球の減少なども挙げられます。このような症状に気が付いたらすぐに服用を中止し、担当の医師に相談してください。軽い副作用でも、長引くようなら自己判断せずに医師に相談しましょう。

他の薬との飲み合わせに注意!

アレグラは抗ヒスタミン効果があります。一方、風邪薬にも同じ作用を持つものがあります。効果の重複する薬を飲まないように注意しましょう。アレグラと、抗ヒスタミン効果を持つ薬を一緒に服用してしまうと、副作用が強くなってしまうのです。

クレマスチンフマル酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ジフェニルピラリン塩酸塩が重複することで副作用が強くなります。

頭痛薬や鎮痛薬も、飲み合わせ注意のものがあります。水酸化アルミニウム、炭酸水素ナトリウム、エリスロマイシンなどは、アレグラの効果を弱めてしまうことがあるのです。水酸化アルミニウムと炭酸水素ナトリウムは胃薬にも含まれています。

これらの成分は、いずれも一般的によく使われているものです。アレグラは一般的な薬ですが、副作用や飲み合わせに気を付けながら服用してください。薬を買うときは、成分をよく確認して購入しましょう。