つらい花粉症はアレグラで治療!花粉アレルギーを引き起こすメカニズム

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因です。花粉が体内に入ることで起こるアレルギー症状でくしゃみ・鼻水などを引き起こします。花粉症の症状をおさえる治療薬として使われるのがアレグラです。ここでは花粉症がおこるメカニズムやアレグラの服用方法などを紹介します。

*

花粉症の治療法

   

花粉症治療のアプローチ

日本では3人に1人が花粉症といわれています。花粉症が流行するようになったのは1960年代のころからです。杉の植林が盛んにおこなわれたことが原因で、爆発的に増えてしまったと言われています。

花粉症の治療には、アレグラ錠などによる薬物療法や減感作療法、レーザー機器を使った手術療法などがあります。主に薬物療法がおこなわれます。減感作療法は効果が現れるまでに2年から3年という長い時間が必要です。手術療法は、症状が重い場合におこなわれます。近年はレーザー手術により、入院することなく、簡単に治療できます。

しかし、これらの治療法で花粉症が治った人でも、数年後に再発してしまう場合もあるのです。特に手術療法は再発の可能性が高いとされています。薬物療法でも、一度は治癒しても、後から再発してショックを受けるという人もいます。

花粉症を完治させるには、アレルギー体質を改善しなければいけません。食生活の見直しや規則正しい生活、ストレスを溜めないようにするなど、生活習慣の改善が重要です。

花粉症対策にはアレグラが有効

アレグラは市販されていますが、病院から処方を受けることも可能です。長期に渡って服用する場合、保険が適用される処方薬の方がより経済的です。ネット通販なら、診察料がかからない分、病院よりも安く購入できます。ジェネリック医薬品を選べば、より費用を抑えられます。

アレグラは1日2回、朝夕の服用で効果が1日続きます。花粉の飛散が落ち着くまで飲み続ける必要があります。ただし、完治しないからといって、漫然と服用し続けるのは良くありません。

もし1週間飲み続けても症状の改善がみられない場合は、服用を一旦中止し、医師に相談しましょう。効果が出ていても、2週間以上飲み続ける場合は、効果と副作用を確認するために、医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。

アレグラは、春のスギ花粉だけでなく、秋のブタクサやヨモギの花粉にも効果を発揮します。